6月辺り

6月辺り

 

f:id:kijinsan:20200621075328j:plain



・コダクロームの歴史 
A Brief History of Kodak Kodachrome Film - TIME

Gavin Gough Kodachrome Preset
写真家 ギャビン・コフ氏によるコダクローム25/64写真フィルムの発色を忠実に再現したプリセットです。見つけた中では一番忠実だと思います…実物のフィルムは目にしたことないですけど…単純に色調を変えるのではなく、カメラ・プロファイルが含まれているので機種による発色の違いを考慮に入れて再現されます。

Chris's camera pages
Kodak Retinaカメラの収集/修理家 Chris Sherlock氏のサイト。

 

北海道医療大学 講座・教員案内より歯科治療の講義資料集
虫歯治療の際のコンポジット・レジンでの修復過程がとてもわかりやすく、丁寧に解説されています。珍しいラバーダム防湿の使用方法もありました。

 

・虫歯治療と検査について思うこと

 まず思い立ったら評判の悪くない最寄りの歯医者で即検査。否応なしに銀歯を埋め込まれそうになったり高額な治療を提案されたときは、治療を思いとどまり別の診療所で再診察することも考えてください。大切な歯ですので。次は重複診療について。気を付けたいのが、日を跨がずに2箇所以上の診療所で虫歯検査/治療を健康保険内で行うと間違いなく重複診療にあたるので駄目です。それから、同一症状の診察/治療を3箇所以上の診療所で月3回以上、これを3ヶ月続けるのがアウトらしいですが、都道府県によりけりなので根拠はありません。

あとはなんだろう?虫歯の再発を防ぐために治療前に歯石取りを行うところはいい歯科だと思います。機器に虫歯のレーザー診断機、ダイなんとかがあると嬉しいです。以前に治療した奥歯の奥の奥で再発した虫歯が初期段階で発見できました。それとCRレジンでの治療方法で一つ面白かったのが、レジンの接着剤自体に殺菌作用があるので歯を削った後で消毒剤は使わない話とか。それくらい。

3月




三月のまとめ。書くことあるかな。

 

 

f:id:kijinsan:20200409155043j:plainf:id:kijinsan:20200409182029j:plain
砂霧とタマ。髪型は以前のも好きです。大きい画像

 

f:id:kijinsan:20200326005756j:plain f:id:kijinsan:20200926064739j:plain
手縫いのリボン。自分で着けるわけではないです。

 

f:id:kijinsan:20200326010233j:plain

袋詰めされていた銀のペンダントトップ。アイランドスピリットの偽物か古いモデルか…刻印がSilver 999ではなく666と並んでいるのが少し気がかり。ガラス(琉球ガラス?)が綺麗で、光を帯びるように輝き幻想的。

 

f:id:kijinsan:20200326005854j:plain
リボンつながりでの夕雲型。誰に着せよう。

 

My poems in Russian サンフランシスコ美術館内の施設の記事に掲載された、印象的な写真からたどりついた詩のページ。Mila Zinkovaという方が書いたものだと思います。

 

2月

なにか書くところ。

Antoine de Saint-Exupéry - NIGHT FLIGHT (Vol de Nuit)
夜間飛行(1933年.米)のファンメイド・トレイラー。日本劇場未公開。米amzonにて配信されています

 

f:id:kijinsan:20200202190727j:plainf:id:kijinsan:20200226215913j:plain

砂霧。手詰まり中。はね毛のない状態で1キャラ1データに纏めた凝った仕上げだけど画像にすれば関係なし。ここからどうするか…もう少し技術的な話をすると…

f:id:kijinsan:20200229055133j:plain

それとしてブラウスを黒に。

 

f:id:kijinsan:20200202183009j:plain

・メックウォーリア2日本語版をWin10で。
ReactOSで起動まで行けたので設定を詰めれば必ず全ての環境下で動かせるようになるはず。リージョンで弾かれなかったのは手ごたえ大。でもマウスを動かすと動作が停止するのはどうなんだろう。

ピンボール解説一覧のリンクを修正。

・WD My Passport SSDの使用感
とてもいいです。使用感良。自己暗号化できるパス付ポータブルSSDで、他のものと比べると割高ですが、それだけの価値はあります。接続後はワンクリックでパスの入力画面が表示され、複合/暗号化のラグは皆無で使いやすいです。旧版は過剰に発熱するとの報告がありましたが、新型では改善されていました。初期状態だとアロケーション ユニットサイズが1024kbなので、数だけ多いファイルのバックアップは圧縮して書庫に纏めるか128kb程度に再フォーマットすると容量を稼げます。

ブログはShift+Enterで段落を開けずに改行。これで使いやすくなりました。

1月

1月

アイディアまとめ中。

歌詞書きたいけど権利的にどうなんだろ。団体から許可を得たブログとかなら問題ないようだけど…楽曲データベースがメンテ中だからよくわからないか。

 具体的に書くと、PS2キノの旅のテーマ曲のセカイハカガヤク。歌詞が前々から気になっていたので、耳コピとネット上の音声抽出ツールと耳コピを駆使して最後まで書ききったものの、やっぱり権利関係が不明瞭なのでお蔵入り。自分の作業はこういう物が多いな…

ただ、それだけでもなくて。CDのブックレットには言葉の響きを大切にした造語の歌であって、密かに意味が込められた詞でもある。と書かれていたので…それを暴くようなことも無粋な行為の気がしたので、やっぱりお蔵入り。でも出したい。それでもやっぱりこれはだめ。

なんとなく感じた限りだと…完全な造語ではなく、各国の言語と文法を組み合わせて作られているような気がしました。

f:id:kijinsan:20200204212511j:plain

ブログは文字のサイズを小さくすると読みやすくなります。次は枠を横に広げたいところ。

12月

・作業

f:id:kijinsan:20191223235109j:plain f:id:kijinsan:20191223235341j:plain f:id:kijinsan:20191224000549j:plain

 砂霧&タマより。きっかけというのは不思議なもので、12月頭に某所で3D砂霧を見た瞬間にスイッチが入ったので作業。ダウナー、かわいい、とにかく凄い。いろいろな砂霧があるけどこの砂霧は…恐ろしく冷たくて恐ろしく美人、そして大胆。覗いた者の魂を是が非でも燃やし尽くすような赤い瞳…のイメージ。大胆な服装だからこそ腕は出さないほうがいいかなと思ったので、ブラウスを改変して袖ありに。ブローチは紺に近い黒系、ブラウスは紺かグレーが正解かも。

 

 ・デスクトップマスコットはどこから来たのか

思い付き。先走りのような…纏めるのは苦手なので目にした範囲で。マイクロソフトが昔に出した管理ツールBob Experienceに出てくるマスコットを兼る案内役の犬(お前を消すイルカの先輩)かと思ったけどこれは違うかな…吹き出しの仕様が伺かみたいで少し気になるソフト。もっとさかのぼるとWin3.1から95時代に出たスクリーンメイト・ストレイシープだと思う。それかミカン星人シリーズか…途中ダンシングベイビーって怪しいソフトが気になったけどこれはいいか。

・Sheep.exeについて

Sheep Screen Mate Help File

 

 ・メックウォーリア2 日本語版起動&簡易攻略記事

31世紀の死闘を描いた20世紀のシミュレーター。困難な情勢、命が重い時代だからこそ真正面から敵と戦い打ち勝つことを求められる騎士道精神に溢れた世界観はつぼにハマるとたまらない。黎明期の3D処理が印象に残り気になっていた作品でした。たまたま投げ売りされていたものを入手し、勢いで起動方法から攻略までをテキストに纏めていたものの、Win10での起動に躓き頓挫。多分仮想環境じゃないと動かない。

あかいくらしゲームと音楽の話 — メックウォーリア2 日本語版起動&簡易攻略記事

 

革靴について話が出たのでメモ。

・最初の革靴の選び方。最初に手を出すなら黒の外羽根式プレーントゥ。幅広い場面で使えるので一足あるだけでも便利。内羽根式のストレートチップでもいいけど完璧に足に合ってないと歩きづらい

・サイズ選び。感覚的にあっているもの、どちらかといえば小さすぎるよりは大きい方を。ちょうどよいサイズ感のものに巡り合うのは相当困難なので、履き心地の良い靴は履きつぶすのではなく連れ添うつもりで大切に。

・靴の手入れ。難しいことはなし。湿らせたティッシュで軽く汚れを拭き取って同色のクリームを歯ブラシやティッシュを使って靴に薄く塗りこんでしばらく放置。思い出したころにティッシュで薄く拭き取って靴ブラシで磨く。ストッキングで磨くとなおいい。迷ったらティッシュでいいや。

・サイズが合わない。基本はソールで調整。革が硬くて足が痛いときはデリケートクリームを塗ると驚くほど柔らかくなるので内側と外側に塗ってみる。それでもだめなら手放すことも選択肢に。合わないものはどうあっても合わないから。

 

ブログはスペースが狭く感じる…ダイアリーのPCに最適化された仕様が好きだったけど。